BLOG

港湾の構成や構造物の種類について

2022/03/01

港湾とは、物流や旅客輸送を円滑に行うために作られた港です。この港湾には様々な構造物が建設されており、より便利に利用できるように整備されています。
しかし、港湾の仕組みや構造物などについてあまり詳しく知らないという方もいると思います。
そこで今回は、港湾の構成や構造物の種類について解説していきます。

▼港湾とは?
もともと港湾は泊などから発展した港で、物流や旅客輸送を行うために作られました。
港湾には様々な人工構造物がありますが、これは構造物によって風などを防ぎ、船舶が安全に停泊できるようにするために作られたのです。
これらの構造物は地方自治体やポートオーソリティによって管理されています。

▼港湾構造物の種類
港湾は陸域と水域に区分されており、それぞれに港湾構造物が建てられています。
港湾に存在する主な構造物は、水域施設(泊地・航路など)、外郭施設(堤防・防波堤・防砂堤・導流堤など)、係留施設(桟橋・岸壁・浮桟橋など)、
臨港交通施設(臨港鉄道・臨港道路など)、旅客施設(旅客ターミナル・旅客乗降用施設など)、保管施設(コンテナターミナル・倉庫など)、
船舶役務用施設(給油施設・給水施設など)、航行援助施設(灯台・灯浮標など)があります。
港湾によって他の構造物が建設されている場合もありますが、これらが基本的な構造物です。

▼まとめ
港湾には様々な構造物が建てられていますが、これらを安全に利用するためにも定期的な点検が欠かせません。
弊社ではあらゆる構造物の点検や修理を行っているので、興味がある方は気軽にお問い合わせください。