BLOG

シビルコンサルティングマネージャ(RCCM)とは?

2021/11/01

シビルコンサルティングマネージャ(RCCM)という資格をご存知ですか?全く聞いたことがないという方も少なくないと思います。
シビルコンサルティングマネージャ(RCCM)は、土木工事の専門技術を持ちコンサルタント業務を行うために必要とされている資格です。
今回は、このシビルコンサルティングマネージャ(RCCM)について解説していきます。

▼シビルコンサルティングマネージャ(RCCM)を取得するメリットとは
シビルコンサルティングマネージャ(RCCM)の資格は国土交通省でも重要視されており、土木関連の知識や技術を専門家として提供することができます。
知識や技術が豊富でも、シビルコンサルティングマネージャ(RCCM)の資格がなければ管理者としては活躍できないのです。
また、資格の有無で給与面にも差が出ます。資格を持っていればよりスキルアップを目指せるでしょう。

▼シビルコンサルティングマネージャ(RCCM)の就職先
シビルコンサルティングマネージャ(RCCM)として就職する場合、主に建設コンサルタント会社や建設会社となることが多いでしょう。
建設コンサルタント業務を行うためにはシビルコンサルティングマネージャ(RCCM)の資格保有者が必要不可欠なので、資格を持っていれば就職に有利となります。また、資格を最大限活かすことができるでしょう。

▼まとめ
シビルコンサルティングマネージャ(RCCM)は、建設業界や土木業界で活躍できる資格です。
シビルコンサルティングマネージャ(RCCM)の取得を目指しながら働きたいという方は、ぜひ弊社にご相談ください。