BLOG

土木構造物には点検業務が欠かせない

2021/01/15

私たちの生活に欠かせない橋梁やトンネルなどは、定期的に点検が必要です。
しかしこれだけの巨大な建造物をどうやって点検するのでしょうか。

今回は土木構造物の点検業務について解説します。

▼土木構造物は時と共に劣化してしまう

橋やトンネル、港湾や線路などは、総合して「土木構造物」と呼ばれます。
これらは鉄筋コンクリートなどで非常に頑丈にできているものの、雨風や紫外線などにさらされると、年月とともに劣化していってしまいます。

コンクリートの落下や大規模な崩落を防ぐためにも、土木構造物には定期的な点検業務が欠かせないのです。

■どうやって点検するの?

土木構造物は非常に大きな構造物ではありますが、実は人間が地道に点検業務を行っています。
高所作業車や3Dスキャナー、ドローンのように特殊な機械を入れることもありますが、それでも最終的には人の目で一ヵ所ずつ点検して回ります。

■点検業務は経験豊富な業者に任せよう

長年土木構造物の点検を行ってきた職人の目や耳は、時に機械よりも正確です。
小さな異常や異変を見逃さず、これまでにも多くの危険を未然に回避してきました。

点検機器の性能が向上しても、それを扱う「人」の技術が伴わなければ正確な点検業務を行うことができません。
大切なインフラである土木構造物の点検業務は、ぜひ実績や経験が豊富な業者に依頼してください。

▼まとめ

日本の土木技術は世界でもトップクラスと言われていますが、点検技術も非常に高いです。
古い土木構造物が身近にある方は、早めに保全業者に調査と点検を依頼して、大切なインフラを守っていきましょう。