BLOG

トンネルの照明がオレンジ色の理由とは?

2021/01/01

車を運転している方なら、一度はトンネルに入ったことがありますよね。そこでトンネルの照明の色について疑問をもったことはありませんか?
なぜトンネルの照明はオレンジ色なのか、気になる方もいると思います。
そこで今回は、トンネルの照明がオレンジ色の理由について解説していきます。

▼トンネルの照明がオレンジ色の理由とは
トンネルの照明といえばオレンジ色を思い浮かべる方が多いと思いますが、なぜオレンジ色なのかご存知ですか?
オレンジ色の照明は、低圧ナトリウム灯と呼ばれるもので古くから使われています。視認性に優れており、電気代が安いというのが特徴です。
昔はトンネルの換気設備が発達していなかったので、排気ガスやホコリで前がよく見えないことがありました。そこで視認性に優れているオレンジ色の照明が使われるようになったのです。
しかし現在はトンネルの換気設備が充実し、低圧ナトリウム灯より電気代が安いLEDが採用されることが多くなっています。

▼トンネルの照明が断続的に切れている理由とは
トンネルの照明が所どころ切れているのを目にしたことがあると思います。あれは電球が切れているのではなく、わざと消しているのです。
その理由は、トンネル内と外の明るさをできるだけ近づけることで事故を防止するためです。

▼まとめ
トンネルの照明は現在はLEDに切り替わってきていますが、地域によってはオレンジ色のところもあります。
もしトンネルに興味があれば、弊社でトンネルに携わる仕事をしてみませんか?