BLOG

災害から橋を守るために必要なこととは?

2020/12/28

最近大きな自然災害が起こることが増え、橋や道路など様々な設備が崩壊してしまうという事故が発生しています。
自然災害によってこれらの設備が崩壊すると、二次災害にも繋がりとても危険ですよね。
そこで、災害時の被害をできるだけ抑えるためには橋や道路などの設備の安全性を確保することです。
今回は、災害から橋を守るために必要なことについて解説していきます。

▼定期的に点検する
災害から橋を守るためには、日頃からしっかり橋を点検しておくことが大切です。
少しでも異常が見つかったらその都度修繕を行い、災害などで橋に衝撃が加わっても大きな被害にならないようにします。
その時は小さな傷でも、災害によって一気に傷が大きくなることもあるので傷は小さいうちに修繕する必要があります。

▼崩壊しても被害が少なく済むような構造にする
橋は一度崩壊すると重大な事故になり得ます。
実際に、台風や大雨によって橋が崩壊し人の命が奪われてしまうような悲惨な事故が過去に起こっています。
災害によって橋が崩れてしまうと二次災害に繋がる可能性もあるので、崩壊しにくい構造にするか万が一崩壊しても被害が少なく済む構造にするかなどの工夫が必要です。

▼まとめ
橋はちょっとの衝撃では崩壊しないように作られていますが、災害など非常に大きな衝撃が加わると崩壊してしまう可能性もあります。
橋の崩壊による事故を防ぐために、私たちは日々橋の点検を行っています。
橋の点検や修繕に携わりたいという方は、気軽にご相談ください。