BLOG

橋の安全性を維持するために必要なこととは?

2020/12/21

「橋ってこれだけ多くの人や車が通っているのに壊れないのかな」と疑問に思ったことがある方もいると思います。
特に昔からある橋などは、本当に安全なのか不安になりますよね。
実際に近年では橋の高齢化が問題になっており、修理や補強工事を行う橋が増えています。
そこで今回は、橋の安全性を維持するために必要なことについて解説していきます。

▼定期的に点検する
橋の安全性を維持するためには、定期的な点検が必須です。橋は急激に劣化するということは少なく、様々な要因が重なって少しずつ劣化していきます。
少し劣化したぐらいでは壊れないように作られているので、劣化が進んでいてもある程度の期間は問題なく利用できます。
しかし劣化を放置して橋が壊れてしまうと、重大な事故を引き起こす可能性があるので未然に防がなければならないのです。
そのために定期的に点検して、劣化していないか安全に利用できるかを確認します。

▼傷が大きくなる前に修繕する
橋の傷が大きければ大きいほど、工事にかかる期間や費用も増えていきます。そのため、傷が大きくなる前に計画的に修繕していくという方法をとるところが増えています。
傷が小さなうちに修繕することで、橋の寿命も長くなりより安全に使い続けることができます。

▼まとめ
橋の安全性を維持するために、私たちは定期的に点検や修理を行っています。
橋の安全性を守るために役に立ちたいという方は、ぜひ弊社をご検討ください。