BLOG

保全業務とは?その特徴や仕事内容をご紹介

2020/12/09

保全業務とはどのような仕事を行っているのかご存知ですか?
普段の生活ではあまり関わることがないので、どのような仕事をしているのか知らないという方もいると思います。
そこで今回は、保全業務の特徴や仕事内容について解説していきます。

▼保全業務とは?
保全業務とは、機械や設備をできるだけ長く使い続けられるように点検をしたり修理をしたりする仕事です。保全業務はあらゆる業界で行われている仕事ですが、主に工場や土木現場などで行うことが多いです。
保全業務を怠ってしまうと、機械や設備が故障したり不具合を起こしたりする可能性が高くなるので、とても重要な業務だと言えます。

▼保全業務の仕事内容
保全業務の仕事内容は、「予防保全」「事後保全」「予知保全」に分けられます。
予防保全は、問題が発生しないように定期的に点検を行ったり修理を行ったりすることです。定期的な部品交換なども予防保全の一部になります。
そして事後保全は、何か問題が起こった際に対処することです。たとえば機械が故障した場合や、設備に不具合が見つかった場合などに適切な処置を施します。
最後の予知保全は、問題を予知して保全することです。予防保全と似ていますが、問題を予知して保全するか、定期的に点検をして問題を防ぐかという違いがあります。

▼まとめ
保全業務とは、機械や設備ができるだけ長く使えるように管理する仕事です。
もし保全業務に興味があるという方は、ぜひ弊社で一緒に働きませんか?