BLOG

トンネルの設計に携わる土木CADオペレーターとは?

2020/12/01
CADオペレーターはもともと建築業界に多かったのですが、最近では土木業界でも積極的に採用しているところが増えてきました。
CADオペレーターと聞いてどんな仕事かパッと頭に浮かぶ方は少ないかと思いますが、私たちが生活していくうえで欠かせない職種なのです。
そこで今回は、CADオペレーターの中でもトンネルや道路などの土木に携わっている土木CADオペレーターについて解説していきます。

▼土木CADオペレーターとは?
土木CADオペレーターとは、トンネルや道路などをCADソフトを使用して作図する仕事です。
土木業界では、主にトンネルや橋、道路など私たちの生活に欠かせない設備の工事を行っています。このような設備をつくるには設計図が必要ですよね。その設計図を作図し、時に修正するのが土木CADオペレーターです。
とは言え製図を行うのは設計士や建築士の仕事なので、土木CADオペレーターは設計士などが作成した図面を元に調整したり作図に必要な書類を集めたりと、仕事内容は多岐にわたります。

▼土木CADオペレーターの資格とは?
CADオペレーターの資格には、「CAD利用技術者試験」や「建築CAD検定」などがありますが、「土木CADインストラクター認定試験」は土木のCADに特化した資格になります。
CADオペレーターの資格を持っていれば就職に有利ですが、無資格でもCADオペレーターとして働くことはできます。

▼まとめ
土木CADオペレーターは、トンネルや道路など私たちの生活に欠かせない設備を設計する仕事です。
土木CADオペレーターとして働きたいという方は、ぜひ弊社を検討してみてください。