BLOG

トンネル点検の重要性とは?

2020/11/28
トンネルなどの土木構造物では定期的な調査が行われています。
そんなトンネルの点検について分かりやすく説明します。
さっそく見ていきましょう。

▼トンネル点検の重要性
トンネルの点検は非常に重要なものとなっています。
なぜならトンネルが壊れてしまうと、危険なだけでなく、多額の修理費用が必要となるからです。
安全性を保ちコストを抑えるには、定期的に点検しなくてはなりません。

▼トンネルでの定期点検の頻度
基本的にトンネルの定期点検の頻度は「5年に1度」となっています。

■5年以下で点検が行われることもある
トンネルがある場所の地質条件や環境条件などにより、劣化の度合いは変わってきます。
そのため「5年以下で点検してはいけない」というわけではありません。

■事故や災害が起こった場合は適宜点検が実施される
事故や自然災害が起こった場合は随時状況が確認されます。

■トンネルの点検は近接目視が基本
法令では、トンネルの点検は「外観を把握できる距離まで近接した目視」を基本としています。
また必要性があれば、点検者は打音検査や触診等も行う必要性があります。
方法については点検者がトンネルごとに判断しなくてはなりません。
これは場所により大きく環境が違うためです。

▼まとめ
株式会社ハシカンプラでは、橋梁やトンネルの点検を行っています。
これらの点検を通じてめざすのは、安全で安心な社会です。
そんな社会を守っているのが、株式会社ハシカンプラとなります。